固定費削減で急に坊主にした知人の話!実際どれだけ節約できるのか計算してみた。
スポンサーリンク

こんにちは、おまめ(@omame_no_okane)です。

今回は実際にあったある知人のお話を基に節約・固定費についてのお話をしたい思います。

今回話題にする知人は急に「固定費削減だっ!」と言って翌日に坊主にしてきたのです。

話題の知人
固定費削減だ!

おまめ
ん?どうしたまめ?
〜そして翌日〜

話題の知人
固定費削減だ!

おまめ
え?え?まめええぇぇぇぇ笑

突然のことで思わず笑ってしまいましたが、私はその知人から固定費削減の大切さを学んだのです。

本記事では、固定費削減の大切さ坊主による節約メリットなどをお伝えできればなと思っております。

この記事はこんな方にオススメ!!
・節約したい方
・坊主にしようか迷っている方
・固定費の大切さを坊主と一緒に学びたい方
スポンサーリンク

1.固定費とは?


家計では支出を固定費と変動費に分けることができます。
固定費とは、一般的に定期的に決まった金額の支出にかかる費用を指し、変動費とは、食費や日用品など支払いが月ごとに変動するものを指します。

固定費の例
・住居費(家賃,住宅ローンなど)
・通信費(光回線,スマホ基本料金など)
・保険料
・その他

(注)固定費の考え方は人によって異なり、例えば水道光熱費など毎月かかる費用として固定費とする考え方や、毎月かかる費用ではあるものの季節によって支払い金額が異なることから、固定費としない考え方もあります。

※今回、話題にする「理容費」も固定費ではなく変動費とする考え方もありますが、本記事では、数ヶ月ごとなどで定期的にかかる費用と捉え、理容費は固定費としております。
あと、知人が強くこう言っていたので、固定費なんです。

話題の知人
固定費削減だ!

おまめ
わ、わ、わかったまめ!笑

2.坊主にするときにかかる費用

まず、坊主にするときにかかる費用(イニシャルコスト)です。
坊主にする時にかかる費用はずばり坊主必須アイテムのバリカン代のみです。
だいたい相場が5,000円前後くらい(2,000円〜6,000円の範囲のものが多い)です。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥12,800 (2020/10/22 00:13:50時点 Amazon調べ-詳細)

 

3.坊主による固定費削減の試算(個別)


次に坊主にすることでどれだけ固定費が削減できるのかを試算してみます。

まず、坊主かどうかで生活の中でどの費用が影響しているのか考えうる範囲で列挙してみました。

費用影響項目(坊主の有無)
・理容費(散髪代)
・シャワーの水道光熱費
・ドライヤーの電気料金
・シャンプー代・リンス代

項目としては、これくらいでしょうか。
それでは、一項目ずつ試算していきます。

・理容費(散髪代)

まず、一番かかる支出として大きいのが、散髪代です。

仮定
(坊主前)2ヶ月に1回美容院に行き、5,000円でカット
(坊主後)2ヶ月に1回自宅のバリカンでカット

坊主前
坊主前は美容院代で5,000円/回×6回/年=30,000円/年の支出です。

坊主後
坊主後は自宅でセルフカットできるので、美容院代は0円です。
バリカンの使用による電気料金は、4W×20分/回÷60分÷1,000×27.0kWh/円×6回/年=わずか0.216円/年の支出です。
※バリカン消費電力は4W、バリカン使用時間は20分/回、電力料金単価は全国家庭電気製品公正取引協議会で定めている 1kWh単価 27.0円を採用

おまめ
美容院代は結構かかってるマメねぇ!!

 

・シャワーの水道光熱費

次に、毎日洗髪するために使用するシャワーの時間も、髪の毛と共に劇的に短くなります。

仮定
(坊主前)毎日、洗髪のために5分間シャワーを使用
(坊主後)毎日、洗髪のためのシャワー0分間

坊主前
シャワーを使用することによってかかるガス料金、水道料金についてです。
ガス料金は5分×2,190円/(分・年)=10,950円/年の支出、水道料金は5分×1,000円/(分・年)=5,000円/年の支出です。
※ガス料金と水道料金は経済産業省資源エネルギー庁HP参照

-シャワーは不必要に流したままにしない-
45℃の湯を流す時間を1分間短縮した場合
年間でガス12.78m3の省エネ 約2,190円の節約
年間で水道4.38m3の省エネ 約1,000円の節約

坊主後
坊主後は計算をわかりやすくするために、体を洗う際に合わせてそのまま流すことを想定しました。ですので、洗髪のための水道光熱費は0円とします。

おまめ
シャワー時間を短くするだけでもかなりの節約になるマメねぇ!!

 

・ドライヤーの電気料金

坊主にすると、ドライヤーで髪を乾かさなくてもすぐに自然乾燥してしまいます。

仮定
(坊主前)毎日、髪を乾かすために5分間ドライヤーを使用
(坊主後)毎日、髪を乾かすために0分間ドライヤーを使用

坊主前
ドライヤーの使用による電気料金は、1kW×5分/日÷60分×27.0kWh/円×365日/年=821円/年の支出です。
※ドライヤー消費電力は1kW、電力料金単価は全国家庭電気製品公正取引協議会で定めている 1kWh単価 27.0円を採用

坊主後
坊主後は自然乾燥を想定しています。ですので、髪を乾かすための電気料金は0円です。

おまめ
ブォーーと使ってるドライヤー費用マメねぇ!!

・シャンプー代・リンス代

次に、シャンプー・リンス代の使用量です。

仮定
(坊主前)アミノメイソン(シャンプー・リンス)を毎日使用
(坊主後)石鹸で体と合わせて洗う

坊主前
シャンプー・リンスの使用による年間費用は、2,890円÷450ml×6ml/日×365日/年=14,065円/年の支出です。
※シャンプー・リンスはセットで2,890円(各450ml)、1回の使用量は6ml程度(花王HPより)を想定

坊主後
坊主後は石鹸で体を洗うのと合わせて頭も洗うことを想定にしています。厳密にはいくばくか石鹸の費用がかかっているかもしれませんが、坊主頭は身体の一部とみなします。ですので、頭を洗うための電気料金は0円とします。

おまめ
大体2,3ヶ月に1回ペースで購入する試算マメねぇ!!

 

4.坊主による固定費削減効果(まとめ)


坊主じゃない知人


坊主の知人
初期費用(イニシャルコスト)
バリカン代 0円 5,000円
イニシャルコスト 計 0円 5,000円
年間継続費用(ランニングコスト)
理容費 30,000円 0.216円
シャワー費 15,950円 0円
ドライヤー費 821円 0円
シャンプー代・リンス代 14,065円 0円
ランニングコスト 計 60,836円 0.216円

ざっくり計算ではありますが、坊主にする前の知人は今まで、年間で60,836円支出していたのに対し、坊主にしてからは、年間の継続費用は1円未満の支出という試算結果となりました。また、初期費用のバリカン代は1ヶ月で元が取れる計算になっています。

おまめ
な、な、な、なんとチリも積もればとはこのことマメねぇ!!
created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥12,800 (2020/10/22 00:13:50時点 Amazon調べ-詳細)

5. 坊主頭は子供にもおすすめ


坊主頭は自分だけでなく、子供にもおすすめです。
節約効果はもちろんのこと、髪の毛を洗ったり、乾かしたりする時間が大幅な時短になります。また、汗をかきやすい子供のあせも対策に坊主にしたり、保育園や幼稚園ですぐに自分の子供が見つけられるという理由で坊主にしたという人も話に聞いたことがあります。

現在は、子供用バリカン幼児用バリカンなども発売されています。

おまめ
坊主頭の子は子供らしさがでてかわいいマメね!!
created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥2,000 (2020/10/22 00:13:51時点 Amazon調べ-詳細)

6.まとめ

本記事では、知人の話を基に固定費削減の大切さ坊主による節約メリットを書いてみました。

もし、節約を考えている方は、知人のように坊主にすることも1つの選択肢として取り入れてみるのいいかもしれません。

話題の知人
固定費削減だ!

まとめまで、知人がでしゃばって申し訳ございませんでした。
最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥12,800 (2020/10/22 00:13:50時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
おすすめの記事